top of page

もの忘れ外来

もの忘れには、年齢による「正常なもの忘れ」、認知症になりやすいとされる「軽度認知障害」や「病気によるもの忘れ(認知症)」があります。 病気によるもの忘れであっても、早期発見や適切な治療を行うことによって回復するものもあります。また、治療の方法が無いとされてきたアルツハイマー型認知症などでも適切な薬物選択や生活指導を行うことで症状の改善を期待できます。 当院では「もの忘れ」に対して正確な鑑別診断を行い、早期に適切な治療や対策につなげられるように、専門医による診察、神経学的検査、神経心理検査、画像検査などを用いて、総合的な診断・治療を行います。

専門医による診断と治療

  • 年齢に伴うもの忘れ

  • 軽度認知障害

  • 認知症(アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症など)

  • 治療により回復するもの忘れ(慢性硬膜下血腫、うつ病など)

bottom of page