top of page

当院の専門治療

​長期にわたって、アルコールを大量に飲み続けることによって、心も体もアルコールに依存してしまい、コントロールが出来ない、お酒なしではいられなくなる病気です。

アルコール依存症

Our specialized treatment

アルコール依存症ってどんな病気?

アルコールは少量であれば、社交の場で緊張をほぐして潤滑油のようになってくれたり、お祝いの席を盛り上げたり、沈んだ気持ちを楽にしてくれるなどの効用がみられます。
しかし、慢性的な飲酒は精神的にも身体的にも依存を形成することが知られています。

”毎日飲むことは気になるけどやめられない”、”仕事帰りにいつも飲んで帰る”、”飲まないと寝付けない”、”健診で注意されたけど、つい飲んでしまう”などと感じていらっしゃる方は、依存症に要注意です。
最近実施された全国調査によりますと、国際疾病分類第10版(ICD-10)のアルコール依存症の基準に合致する人は109万人と推計されており、決して珍しい病気ではありません。

アルコール依存症の形成には、アルコールに対して弱い・強い(アルコールに弱い体質の方は少量のアルコールで顔が赤くなります)を決めるアルコールを代謝する酵素の遺伝子型を含めた遺伝の他、養育環境、家族のアルコールへの態度などさまざまな要因が関与します。親しい人との離別、失職などの強いストレスや退職なども依存症を形成する多量飲酒のきっかけになります。また、うつ病、不安障害、不眠、摂食障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)といった病気の人はいわゆる自己治療としてアルコールを利用することがあり、依存症の形成につながることがあります。

アルコール依存症のサインや症状

アルコール依存症は、精神的にも身体的にもアルコールに依存した状態であり、飲酒のコントロール喪失(精神的依存)や離脱症状(身体的依存)のどちらか、または両方が認められる場合に依存症と診断されます。

飲酒のコントロール喪失とは、飲酒量、時間、状況などにおいて飲酒のコントロールが利かなくなる状態です。例えば、今日は飲まないつもりでもつい飲んでしまう、飲み始めると酔っぱらうまで飲んでしまう、昼間や朝から飲んでしまう、長い時間飲んでしまう、量を減らそう・止めようとしても止められない、自動車運転の前など飲んではいけないような状況で飲酒するといった症状です。ひどくなると連続飲酒と呼ばれる依存症に特徴的な飲酒になります。これは、1日に何度も飲酒して24時間身体からアルコールが消えないような飲酒の仕方で、こうなると自力でアルコールを止めることは難しくなります。

離脱症状とは、アルコールが身体から消えていくときに現れる症状で、飲酒を止めたり、量を減らして数時間経った頃から出現します。手の振るえ、発汗(寝汗など)、食欲不振、嘔気・嘔吐、下痢、苛々、気分の落ち込み、不眠などの症状がみられます。

アルコール依存症の代表的な治療法

アルコール依存症の治療目標

アルコール依存症の治療は、まず治療目標を決めることから始まります。以前は、「アルコール依存症の診断イコール生涯の断酒」と考えられていました。断酒とは、アルコールが含まれる飲料を一滴も口にしないことです。なぜ生涯の断酒が必要かと言いますと、アルコール依存症になった人はどんなに長く飲酒しない生活を送ったとしても、再びアルコールを口にすると以前の病的な飲酒に戻ると考えられているからです。残念ながら依存症の人がコントロールして飲めるようにする治療法は存在しません。特に、人間関係や社会の信用が失われるような破壊的な飲酒をする人、肝硬変など身体合併症が重篤な人、過去に節酒(アルコールをコントロールして飲むこと)に挑戦しても失敗して依存症の再発を繰り返している人などは、生涯の断酒が必要と言えます。しかし、依存症に至っていない段階の多量飲酒者は節酒が治療目標になりますし、依存症と診断されるケースでも、止められないにしても減らすだけでも効果があると考える、いわゆるハームリダクションの考え方が医療者の間にも徐々に受け入れられています。ただし、依存症の人が節酒を治療目標とすることには条件があります。長時間続けられること、健康への影響がないこと、家族・友人、職場の人間関係など社会的にも悪影響のないこと、といった点です。

アルコール依存症の治療

依存症の治療は、離脱の治療と断酒継続を目的とした治療があります。離脱の治療は主にベンゾジアゼピン系薬物を用いた薬物療法が中心です。断酒の継続を目的とした治療は、心理社会的治療と薬物療法の組み合わせです。心理社会的治療法は、集団精神療法や認知行動療法が主流です。医療機関で行う依存症治療の特徴として集団での治療があげられます。また、医療機関以外では、自助グループといって、依存症の人達が集まって互いに断酒継続を助け合う集まりに参加することが効果的です。

自助グループ

全国的な自助グループには断酒会とアルコホーリクス・アノニマス(AA)があります。これは他の依存症の人の話を聞いて共感してもらったり、他人の姿を通して自分の病気への認識を深めることなどが目的です。その他にも依存症の人は社会や家族から離れて孤立して飲酒していることが多いので、孤独から解放されることなどのメリットがあります。

薬物療法には、昔から使われている抗酒剤という薬の他に、飲酒欲求を減らす薬剤も使われるようになりました。

抗酒剤

抗酒剤は、薬が効いているときに飲酒すると顔が赤くなったり、胸がドキドキしたり、気分が悪くなるなど不快な反応を起こさせる薬です。飲まないという気持ちをより強く持ってもらうのが目的です。

飲酒欲求軽減薬

飲酒欲求軽減薬は、飲酒しても不快な反応は起こりませんが、飲みたい気持ちを減らして断酒継続の一助になることがあります。

睡眠障害       >
bottom of page