top of page

当院の専門治療

​ある特定の状況や出来事がその人にとっての苦痛やストレスを生み、不安感や抑うつ気分が続いて、健康的な生活が出来ていない状態。

適応障害

Our specialized treatment

適応障害ってどんな病気?

職場であればハードワーク、転職、人間関係のトラブル、家庭では夫婦の不和や介護疲れなど、日常生活上、誰もが様々なストレスにさらされています。ストレスが多くても、充実し上手くバランスが取れていれば、かえって張りのある生活ができていることもありますが、バランスが崩れ、ストレスにうまく適応できなくなると、体や心に様々な症状が出てきます。憂うつな気分、不安などの精神症状や頭痛や肩こりなどの身体的な症状がよくみられます。その結果、日常生活、社会生活上に支障をしたした状態を適応障害といいます。

ストレスとなる原因や状況がはっきりしていることが多いため、多くの場合はその原因から離れることで、症状は徐々に軽快します。しかし、そのストレス因から簡単に離れられない場合も少なくありません。そういった場合は、症状が慢性化することもあり、カウンセリングや症状を和らげるための薬物治療などが必要になる場合もあります。症状が悪化する前に治療を始めることが大切です。まずは気軽にご相談下さい。

適応障害のサインや症状

ICD-10の診断ガイドラインによると、抑うつ気分、不安、怒り、焦りや緊張などの情緒面の症状があります。
また行動面では、行きすぎた飲酒や暴食、無断欠席、無謀な運転やけんかなどの攻撃的な行動がみられることもあります。子どもの場合は、指しゃぶりや赤ちゃん言葉などのいわゆる「赤ちゃん返り」がみられることもあります。不安が強く緊張が高まると、体の症状としてどきどきしたり、汗をかいたり、めまいなどの症状がみられることもあります。

適応障害ではストレス因から離れると症状が改善することが多くみられます。たとえば仕事上の問題がストレス因となっている場合、勤務する日は憂うつで不安も強く、緊張して手が震えたり、めまいがしたり、汗をかいたりするかもしれませんが、休みの日には憂うつ気分も少し楽になったり、趣味を楽しむことができる場合もあります。

適応障害の代表的な治療法

適応障害の治療はどんなことをするのでしょうか? まず、治療のひとつは「ストレス因の除去」になります。またストレスをストレスと感じる人とそうでない人もいるように、ストレス耐性は人それぞれ異なります。治療はここにアプローチすることになります。つまり、「ストレス因に対しての本人の適応力を高める」方法です。さらに「情緒面や行動面での症状に対してアプローチ」することもあります。
では実際にはどんなことをするのでしょうか?

ストレス因の除去

ストレス因の除去とは、環境調整することです。たとえば暴力をふるう恋人から離れるために、ほかの人に助けを求めるなどがこれにあたるでしょう。ストレス因が取り除ける、あるいは回避できるものであればいいのですが、家族のように動かせないもの、離れるのが難しいものもあります。こうなるとストレス因の除去だけではうまくいきませんので、次のステップも必要となります。

本人の適応力を高める

ストレス因に対して本人はどのように受け止めているかを考えていくと、その人の受け止め方にパターンがあることが多くみられます。このパターンに対してアプローチしていくのが認知行動療法と呼ばれるカウンセリング方法です。また現在抱えている問題と症状自体に焦点を当てて協同的に解決方法を見出していく問題解決療法もあります。この認知行動療法も問題解決療法も、治療者と治療を受ける人が協同して行っていくものですが、基本的には治療を受ける人自身が主体的に取り組むことが大切です。

情緒面や行動面への介入

情緒面や行動面での症状に対しては、薬物療法という方法もあります。
不安や不眠などに対してはベンゾジアゼピン系の薬、うつ状態に対して抗うつ薬を使うこともあります。ただし適応障害の薬物療法は「症状に対して薬を使う」という対症療法になります。根本的な治療ではありません。つまり適応障害の治療は薬物療法だけではうまくいかないことが多いため、環境調整やカウンセリングが重要になっています。

睡眠障害       >
bottom of page