top of page

脳の神経細胞が過剰な電気的興奮を引き起こすことによって、けいれんが生じたり意識を失ったりする「てんかん発作」を繰り返し引き起こす病気です。

てんかん

当院の専門治療

てんかんは、大脳の神経細胞が突然異常な電気活動をおこす病気で、異常な電気活動が起こる脳の場所によって現れる発作症状はさまざまです。いわゆる「ひきつけ、けいれん」だけでなく、「ボーッとする」、「体がピクッとする」、「意識を失ったまま動き回ったりする」という症状もてんかんから生じている可能性があります。我が国の患者数は約100万人といわれており決して珍しい病気ではありません。また発病するのは決して小児期だけではなく、どの年代でも発症する可能性があり、特に最近は初老期に発病する方が増加傾向であることが注目されています。

てんかんのサインや症状

「てんかん発作」の症状は、脳のどの範囲で異常な電気発射が起こるかにより多彩です。

たとえば脳の一部で起こる発作(部分発作)では、後頭葉の視覚野で起これば光がチカチカ見える、手の領域の運動野で起これば手がピクピク動く、側頭葉で起これば前胸部不快感や既視感など、患者さん自身が感じられる様々な症状を示します。
一方電気発射が脳全体に広がった場合、意識を消失し動作が止まって応答がなくなる、倒れて全身を痙攣させるなど、患者さん自身は発作の間意識がなくなり周囲の状況がわからない状態となります。
また、体の一部あるいは全体が一瞬ピクンと動くミオクロニー発作や、突然体の力が抜けバタンと倒れる脱力発作、あるいは手足や口をもそもそと動かす自動症といわれる発作などもあります。

てんかんの代表的な治療法

基本的に薬物治療になり、最近は新規抗てんかん薬といわれる副作用のより少ない薬も数種類使えるようになっており治療の選択肢が広がっています。薬物治療ではどうしてもコントロールがうまくいかなくて、てんかん手術がふさわしい場合には専門施設に紹介いたします。

Our specialized treatment

睡眠障害       >
bottom of page