top of page

当院の専門治療

睡眠障害

Our specialized treatment

睡眠障害ってどんな病気?

眠れない、眠っても夜中に何度も目が覚める、熟睡できないといったことが1ヶ月以上続き、慢性化している状態を指します。

倦怠感や眠気など、日常生活の質の低下に繋がっていきます。

睡眠障害のサインや症状

慢性的に寝不足になるため、注意力、集中力、判断力の低下や、感情のコントロールが出来なくなったり、免疫が低下して病気にかかりやすくなったりします。

睡眠障害の種類

入眠障害

寝つきが悪く、なかなか眠れない。眠るまで30分以上かかる。

中途覚醒

夜眠っている間に何度も目が覚めてしまい、再び眠れないことがある。

熟眠障害

十分な睡眠をとっていても、熟睡できず、心身の疲労回復ができない。

早朝覚醒

朝4時など、起床時刻より早く起きてしまう。また、それ以降、眠りにつくことが出来ない。

睡眠障害の代表的な治療法

薬物療法

睡眠導入剤などによる治療を行います。依存症や副作用も少なく、比較的安全な薬を使用します。

睡眠薬にもいろいろな特徴があり、強力なものから弱いものや、長時間作用するもの、中間型、短時間型、超短時間型等にわけられ、それぞれ不眠症の型、原因、程度に合わせて処方されます。

生活の改善

起きたら太陽の光を浴びること(体内時計を毎日正しくセットする)。

夕方以降は激しい運動をしない(交感神経を高ぶらせる)。日中の適度な運動は不眠症に効果的。

カフェインなどの刺激物を制限する。

ゲーム・テレビ・インターネット・音楽などは脳に強い刺激を与えるので、寝る1時間前には控える。など・・・

睡眠障害       >
bottom of page